私の京都

関東出身。観光地として訪れていた京都市に住むことになり、観光客として見ていた京都が、生活の場になった私を綴っています。

初宝塚!

満を持して?宝塚歌劇団をみてきました!

特に興味があったわけでもないので、
まー、機会があれば行こうかな、くらいの気分でした。

友人に、宝塚ファンの人がいて、一緒に行く予定の人が
行けなくなったので、誘ってくれたんです。

もちろん、本拠地の宝塚劇場に行きましたよ♪
京都からだと、車で行くとスムーズで便利でした。

劇場は、大ホールだけでなく、もう少し小さい劇場や、
スターと間近で会える、御茶会ができるところもあります。

更に、劇場までの間に、いくつかのレストランやお土産屋さん、
郵便局までありました。

f:id:mykyoto075:20170621205346j:plain

私が行ったのは、父の日で、チケットは席ランクの中での
抽選という、面白いシステムでした。


当たった席は、ものすごく前の席!
オペラグラスがなくても、表情がはっきり見えて、
迫力も伝わってくる、いい席でした。

私が行ったのは、花組の公演で、この人がスターです。


Le Cinq(ル・サンク) 2017年7月号

お芝居とレビューがあります。
お芝居は邪馬台国を題材にしたもので、華やかではなかったのですが、
みんな、少女マンガの世界から飛び出てきたみたいです。

レビューの舞台は、こんな感じでした。



f:id:mykyoto075:20170625213724j:plain


始まる前は、写真を撮っていいんですって。

客席まで降りてきて、踊ってくれたので、すごく楽しかったです。
通路に降りてくると分かった時、今まで静かに見ていた客席から
「キャー♪」と黄色い声が聞こえてきて、
みんな感情を抑えて、目をキラキラさせて見ているのね、と
思いました。


宝塚に、ハマる理由が分かったような気がします。
女性が好きな男性なんですよね。

それも知ってはいましたが、実際に見ると
本当に惚れ惚れしてしまう、カッコよさでした。

友人が、初宝塚記念に、プログラムを買ってくれたので、
それを見ていると、おもしろいです。


こんなスターガイドで、勉強してみようかな。